亜鉛サプリ ランキング

亜鉛の一日摂取量

亜鉛の理想的な摂取量について、成人では一日12mgというのが一般的な目標値になっています。

 

しかし、日本では、この数字をクリアしていない人がほとんどです。

 

普通に食事をしていても、摂取量は9mg前後に過ぎないと言われています。

 

欧米人と比較した場合、この数字は低いと言うしかありません。

 

原因は、日本の土壌にはそもそもミネラルが不足しているからです。

 

毎日の生活に欠かせない亜鉛を十分摂れる食生活を実現するため、具体的な食品中に含まれる亜鉛の量を見ていきましょう。

 

■亜鉛を多く含む肉類や魚類

 

亜鉛を含む食品として、真っ先に挙げられるのが牡蠣です。亜鉛含有量の多い食品の代表格であり、別名、海のミルクとも呼ばれています。

 

牡蠣には亜鉛だけでなく、他の栄養素も豊富に含まれています。ですから栄養が偏った食生活を送っている人には、理想的な食品です。

 

これ以外だと、卵黄、大豆、納豆、うなぎ、レバー、チーズ、牛のもも肉、など、滋養があることで定評のある食材には、亜鉛が多く含まれています。

 

他には、ゴマ、アーモンド、カシューナッツ、そば、緑茶、黒米や赤米、きな粉や豆腐、など亜鉛を多く含有する食材は多数あります。

 

しかし、やはり亜鉛含有量覆い食材としては牡蠣が一番。牡蠣なら一日の目標摂取量をたった2個でクリアします。

 

じゃあ、牡蠣を食べよう、サプリメントより簡単じゃないか! と思う人も居るかもしれません。

 

しかし、牡蠣にはシーズンがあるので、一年を通じて牡蠣を食べられるのは、牡蠣の養殖業者さんなど一部の人たちに限られます。

 

このように、普段食べている食品から必要量を摂取するのはかなり難しいようです。やはりサプリメントで補充するのが、もっとも簡単な方法かもしれません。

 

■亜鉛が不足していないかをチェック

 

亜鉛不足は、さまざまな体調の変化を引き起こします。しかし、それに直ぐ気づくとは限りません。

 

また、体調の変化を感じても、それが亜鉛不足によるものだとは思わない可能性もあります。

 

具体的には、次のような症状の時に亜鉛不足を疑ってみてください。

 

二日酔いしやすくなった、風邪を引きやすくなった、精力減退、など体力の減少を感じた時。

 

傷がなかなか治らない、爪の変色、抜け毛が目立つ、立ちくらみ、などの異常を感じた時。

 

肌荒れ、シミが目立つ、といった肌のトラブルが頻発した時。それ以外にも、目の疲労、生理不順、などの症状には、亜鉛不足が関係している可能性があります。。