亜鉛サプリ ランキング

亜鉛とアトピー性皮膚炎の関係

必須ミネラルの一種である亜鉛は、皮膚の形成に大きく貢献する成分です。

 

傷の治りが遅かったり、肌の状態が悪くなるのは、多くの場合に亜鉛不足が原因となっています。

 

中でもアトピー性皮膚炎には、亜鉛不足が特に顕著な影響を与えます。

 

■日本人に多いアトピー性皮膚炎

 

日本人に特有な現象として、近年、アトピー性皮膚炎の患者数が激増するという動きが目立ち始めました。

 

原因は、日本の土壌に含まれるミネラルが少ないために、日本人の体質そのものがミネラル不足になっているからです。

 

ミネラルの一種である亜鉛もその中に含まれていて、日本人全体が潜在的な亜鉛不足を抱えているという見解もあります。

 

亜鉛は成人にとって必要な摂取量が一日に12mgとされています。にもかかわらず、通常の食事では頑張っても9mg程度しか摂取できないと言われています。

 

現代人は食生活が乱れがちなので、さらに亜鉛不足は深刻になっているかもしれません。

 

十分に亜鉛を摂取している人の皮膚は、しっとりと潤った肌感があるそうです。

 

そういう人は、特別に化粧品を使わなくても、皮膚が水分を逃さない健康な肌を保っています。

 

皮膚の健康には他の栄養素も影響します。

 

しかし、乾燥が症状を悪化させるアトピー性皮膚炎にとっては、水分を逃がさないことが非常に重要になります。

 

■医療面で亜鉛が用いられているケースも

 

今のところ、アトピー性皮膚炎の詳しい原因、および根本的な治療法は確立されていません。

 

そんな中、皮膚科の医師の間では、亜鉛が有効なケースが多数存在するとして治療に用いる傾向が強まってきました。

 

場合によっては、アトピーが数ヶ月で劇的な改善を見せるケースも見られるそうです。

 

このため、日々の食事で全体の栄養バランスを考える時、特に亜鉛に注意して摂取を心がけることが推奨されています。

 

具体的な食品としては、牡蠣などが亜鉛を多く含んでいますが、コンスタントに食事に取り入れるのは難しい食材です。

 

そんなとき、、サプリメントで不足した亜鉛を補うのは、手軽で効率の良い手段であると言えます。