亜鉛サプリ ランキング

亜鉛でうつ病予防

亜鉛の不足が引き起こす症状を挙げた場合、肌荒れや傷の回復の遅れ、風邪をひきやすくなることなどが出てきます。

 

男性の性欲減退、および精子の形成に以異常が生じるのもトラブルとしては代表的なもので、さらに糖尿病の人にとっては亜鉛不足が深刻な状態を招くこともあります。

 

このように亜鉛不足が引き起こす体調不良は広範囲にわたりますが、精神的な病であるうつ病にも亜鉛不足が関係している可能性を指摘する声があります。

 

抗うつ剤より、亜鉛摂取

 

ストレス社会といわれる現代は、うつ病を抱える人の数が20人に1人に上るとされています。

 

うつ病は、自分が罹っていることに気づきにくいという特徴を持つ精神疾患です。

 

そのため、病が進行してうつ病であることが判明した段階では、すでに重症化している場合が少なくありません。

 

しかも、病院に行って抗うつ剤を投与されても、目立った効果が見られないという人が多数存在します。

 

そこで薬だけででうつ病を改善するのではなく、食事による栄養の改善に注目してうつ病の対策を考えようという動きが出てきました。

 

食事というのは、一見、精神状態と無関係に思えますが、体を作る栄養が神経にも影響している可能性が指摘されたのです。

 

中でも必須の栄養素でありながら不足することの多いミネラルやビタミン類は、意識して毎日欠かさず摂取する必要があります

 

亜鉛もミネラルの一種ですから、やはり不足しがちな栄養素として意識しておかなければいけません。。

 

■ストレスは亜鉛を大量消費する

 

現代人はストレスに悩むことが多くなっていますが、ストレスが発生すると肝臓がメタロチオネインという物質を生成します。

 

メタロチオネインは亜鉛が原料となっているので、通常よりも余分に亜鉛が消費されてしまう状態に陥ることを意味します。

 

この状態が続くと精神疲労につながるために、うつ病などを発症する引き金になるというわけです。

 

ですからストレスを抱えがちな傾向にある方は、普段から亜鉛の不足に注意を払う必要があります。